HOME > お役立ちコラム > 体制整備のその先、差別化とは

体制整備のその先、差別化とは

2016.05.02

保険業法改正がいよいよ目前に迫ってきました。

規定はどうするか、募集活動の記録はどう残すか、

そのチェックはどう行うか・・・

 

じわじわと見えてきた課題に対して、

経営者も現場の皆様も、顧客管理体制含め

具体的な対応について粛々と準備されている状況ではないでしょうか。

 

しかし、本当に目指すべきは体制整備のその先です。

 

お客様の期待値に、どう応えられるか。

選ばれていくために、どう差別化していくのか。

 

いままで感覚や経験で培ってきた

最大のノウハウ「マーケティング(顧客の創造)」を

どのように仕組みにしていくのか。

 

たとえば、公的保険をきっかけにする顧客の創造を行う際は、

毎年誕生日月(1日生まれの方は前月)に国民年金及び

厚生年金に加入している全ての方に送付される

「ねんきん定期便」が有効です。

 

『ねんきん定期便をもとに将来もらえる

年金の計算ができる(方法を勉強した)のですが、ご興味はございますか?』

 

この“ひと言”を誕生日月の方へお伝えすることを目的に、

アプローチリストの作成を一瞬で行うのが、

有効な顧客管理活用のひとつです。

 

特に、せっかく法律で顧客管理の観点から

義務化されるポイントがあるからには、

その仕組みをマーケティングにも展開、

活用することを差別化とし、顧客の創造と

永続的な支持につなげない手はない、ともいえます。

 

体制整備は当たり前として

その先の【差別化】にご興味があれば

ぜひ一度、私たちにお問合せを頂ければ幸いです。


お気軽にご相談ください。

                     

エルティヴィーでは保険代理店さまの体制整備から、顧客管理、マーケティングまでトータルで支援しています。
CSBに関するお問合せやご質問などございましたらご相談ください。

03-6234-6392
(受付時間 平日: 9:00〜17:30)