HOME > お役立ちコラム > 保険業法改正 規模が小さい代理店は関係ない?

保険業法改正 規模が小さい代理店は関係ない?

2015.12.09

お問合せいただく保険代理店様で

ご質問頂くことがある内容で

 

『規模が小さい代理店は関係ないのでは?』

というお話を頂きます。

 

今回の業法改正は体制整備に関して

「規模・特性に応じた」と記載があり

保険ビジネスに関わる全ての代理店が対象になります。

 

大規模な代理店には独自に、従業員に教育・管理・指導を

実施することを求められていますが、

 

独自の社内規則の制定や

社員教育・管理・指導などが難しい代理店の場合には、

 

保険会社等からリリースされている

マニュアルやガイドラインを規定のベースとして活用したり

従業員の教育を保険会社の研修に参加すること対応するといった

アウトソーシングを活用する方法もあります。

(参照:金融庁 パブリックコメント452)

http://www.fsa.go.jp/news/26/hoken/20150527-1/01.pdf

 

当局の示す「小規模代理店」の定義は、

代理店主のみによる管理が可能な規模と示されています。

http://www.sonpo.or.jp/about/guideline/pdf/index/boshuguide_e.pdf

(参照:日本損害保険協会:募集コンプライアンスガイド追補版 12P)

 

あいまいな定義ではありますが

大規模、小規模であっても規定を作り、

PDCAを示すことは同様です。

 

ただ、体制整備・・・とりわけ意向把握を行うこの義務は

手間が増えるといったネガティブな話だけではありません。

 

実際にスタートしている代理店のご意見としては

募集人によるご提案の差が緩和され

不得意分野も勉強できるといった、

現場も含め、ポジティブな話に転換しています。

つまり、生産性向上につなげられるチャンスということです。

 

そのためにはまず、社内での情報の共有のあり方が

必要になってくるのではないでしょうか?

 

弊社のシステムでは、社内での情報共有にも

ご利用いただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

 


お気軽にご相談ください。

                     

エルティヴィーでは保険代理店さまの体制整備から、顧客管理、マーケティングまでトータルで支援しています。
CSBに関するお問合せやご質問などございましたらご相談ください。

03-6234-6392
(受付時間 平日: 9:00〜17:30)