HOME > お役立ちコラム > 改正保険業法 準備すべき3つの項目

改正保険業法 準備すべき3つの項目

2016.03.31

この原稿を書いている時点で

残り2ヶ月を切る改正保険業法の施行。

 

保険ビジネスに関わる業種には

すべからくこの新法が適用され

特に、保険代理店における「体制整備」は

募集ルールから組織体制まで広い範囲で

コーポレートガバナンス(=企業をどう経営していくか)が

問われていくことになります。

 

今回の改正業法のトピックとしては

保険募集に関わる企業(=代理店)が

規模・特性に応じる前提ではありますが

保険会社なみのコンプライアンス体制を求められ

ひいては、その監査を金融庁自らが行うとされています。

 

では、どのような点を監査対象としてくるのか。

そのポイントは以下の3つが想定されます。

(※あくまで想定、LTV調べ)

—————————————-

1)お客様との対応履歴

特に【苦情】に関してその要因と結果、

改善策までの流れを可視化出来ているかが

重要とされています。

 

2)保険代理店のビジネスモデル

代理店経営に欠かせないマーケティング(見込み作り)

セールスプロセス、そしてアフターフォローまで

どの様な業務プロセスがあるのか

企業としての運用状況や理念(あり方)を

どう考えているのか、答えられること。

 

3)ロールプレイング

実際の運用状況を確認するために

現場の募集人へ実戦形式で

ヒアリングされることが想定されています。

特に、募集時の「意向把握」「個人情報保護」など

募集活動における顧客説明などを

行うことが想定されています。

—————————————-

 

本日現在、スケジュールが佳境に入っていることもあり

意向把握は「シート」にするか「システム」にするか・・・

比較推奨方針はどうするか・・・など

そんなトピックが話題になりますが

どれが正解かというと、その答えはありません。

(※何もしないという選択肢は無いですが・・・)

 

しかし、改正保険業法の骨子としては

募集人の裁量、個としての対応だけではなく

企業として、どのようにサービスを提供していくのか。

その部分が問われています。

 

1年後、3年後、5年後、10年後・・・

自社としてどうありたいか、

ビジネスには「差別化」が重要とされていますが

そこも踏まえ、見直すことのできる

良いタイミングかもしれません。


お気軽にご相談ください。

                     

エルティヴィーでは保険代理店さまの体制整備から、顧客管理、マーケティングまでトータルで支援しています。
CSBに関するお問合せやご質問などございましたらご相談ください。

03-6234-6392
(受付時間 平日: 9:00〜17:30)