HOME > お役立ちコラム > 保険代理店向けシステム選び3つのポイント

保険代理店向けシステム選び3つのポイント

2021.08.26

 
 保険代理店業務を効率化する基幹システム。思った通りの成果を挙げるにはどのような視点でシステムを選ぶべきなのでしょうか?本記事では保険代理店がシステム導入を成功させるための3つのポイントについて解説をします。

そもそも保険代理店向けシステムには何があるのか?

 顧客・契約情報の管理、社員の活動管理、意向把握 etc.
保険代理店の様々な業務にシステムは欠かせません。しかし、契約管理・スケジュール・営業成績管理・グループウェア・SFA・CRM・・・。数あるシステムのなかから自社にあったシステムをどう選ぶのか、迷うところですよね。

そこでまずは、そもそも保険代理店向けシステムにはどういったものがあるのかを整理してみます。システムは大きく【お客様のフェーズ】×【機能面(営業/管理)】の2つのかけあわせで分類できます。
お客様のフェーズにあわせて、システムで顧客情報を管理することで顧客満足向上・営業機会を逃さない・募集品質の担保につながります。

▼保険代理店向けシステム 機能分布

システム選定時のステップを整理

 このように、保険代理店向けシステムにはどういったものがあるのか把握した上で、システム選びを行います。
その選定手順を分解すると、概ね上記の流れになるかと思います。重要なのはいきなり具体的なシステムの選定・評価を行なうのではなく、この選定プロセスに沿って進めること。特に【STEP3】システム導入目的を明確にした上でSTEP4・STEP5を行なうことです。
ここから先はこのステップに基づいて、選定時の重要ポイントを解説していきます。

システム選定時の重要ポイント1.自社の導入目的を満たす機能があるか

 まずは、システムを導入したい目的、つまりシステム化することで解決したい課題を明らかにしておきます。分かりやすく2つの事例にもとづいてご紹介いたします。

▼事例1:新規の面談数が下がっている場合

【課題】
新規の面談数が減っていること。
リーズや広告費を増やすなども検討したいが、保険の市場が年々縮小する事を踏まえると、広告費をかけ続けるのもなかなか大変になってきている。

【システムで解決できること】
顧客管理システムで既契約情報を適切に管理ことで、再面談の管理、追加・紹介の見込を増やす。
必要なシステムは、営業系の性質があるシステム。
例えば、顧客管理機能、リマインド通知機能などがあると、既契約情報から営業機会を創出しやすくなります。


▼事例2:複数システムの併用で入力や管理が煩雑になっている場合

【課題】
複数システムの併用で入力や管理が煩雑になっている。
「顧客契約管理のためのシステム」「スケジュール管理のためのシステム」など、業務ごとに必要なシステムが異なるため、業務効率の低下や、システム利用料が積み重なりコストが嵩んでいる。手間が増えることで、「変更や追加のご相談の機会を逃してしまう」などの事態を招いてしまうことも考えられます。

【システムで解決できること】
保険代理店向けシステムは大きく次の6つの機能を有しています。
・顧客契約管理
・スケジュール管理
・保険商品比較
・手数料計算
・社内情報共有
・勤怠管理
この中から、なるべく自社の業務に必要な機能が一元化されているシステムを選ぶことが重要になります。

システム選定時の重要ポイント2.自社の特色にあっているか

 保険代理店向けシステムは、上記6つの業務のなかでも特に「生命保険業務に役立つシステム」・「損害保険業務に役立つシステム」など、特化した分野を持つタイプのものがあります。

・生損の取扱比率
・規模感(社員数や拠点数等・店舗数)
といった、保険代理店の特色に合った機能が備わっているかどうか。
生命保険代理店向け、損害保険代理店向けなど、自社の経営形態に沿ったシステムか?

たとえば・・・・
生命保険に強いシステム
・複数の証券を横断して管理することができる
・顧客満足度を高めるためのリマインド機能がある
・保険業法を担保する証跡管理ができる
損害保険に強いシステム
・満期管理
・早期更改
・事故対応の進捗管理

求める機能に特化していないシステムで補おうとすると、余計にコストと手間がかかってしまいます。ですので、自社の販売形態に合ったシステムを選ぶことが、成功するシステム選びの2つ目のポイントとなります。

システム選定時の重要ポイント3.費用(予算)

 システム選定における最大のポイントは「導入して終わり」にしないことです。システム導入が【コスト増加】となってしまわないよう次のポイントを押さえておくことが大切です。

・初期費用/月額費用
・何に対して課金されるか/オプション料金等
・費用対効果はどの程度見込めるか

 →(例) システム活用することで、事務作業を月間●●時間分削減できる
    システム活用することで、営業見込が●●件増やせる(広告費より安く済む)等

▼費用の考え方:売上アップにつながる機能はあるか?
 そもそも、保険代理店がシステム導入を考えるきっかけは「煩雑になった管理業務を効率化させたい」「保険業法改正に合わせた体制整備を行いたい」といった、いわゆる管理・仕組み化のための目的が比較的多いかと思います。こうした管理・効率化自体はもちろん必要なのですが、この目的のためだけにシステム導入をすることは企業にとっては「コスト」に位置づけられてしまいます。

 しかも、保険募集人の立場からすると、今までのやり方を否定されたり、手間が増えるように感じてしまったりして、場合によってはせっかく時間もお金もかけて導入したシステムが現場に浸透しないなどの事態がおきてしまうケースもあるようです。

 そこでシステム導入を単なるコストや手間にするのではなく、「売上げ向上の一手」と位置づけ導入ができたとすると、企業・保険募集人の双方に大きなメリットを生みます。

 では、売上げ向上の一手となるシステムとはどのような機能を備えていればいいのでしょうか?例えば・・・

★お客様に連絡をいただいてから対応する受動的なアクションではなく、お客様のライフプランの節目にあわせたフォローで、能動的なアクションが可能な「リマインド機能」。ベストなタイミングでフォローすることで、顧客満足度の向上や、場合によってはクロスセルの実現もできるかもしれません。

★既存のお客様を特定の条件でクイックに絞り込める「検索機能」。例えば、ご契約から一定期間以上経過したお客様を抽出して新商品のご案内をする、災害発生時に近隣エリアにお住まいのお客様を抽出して被害状況の確認連絡をする、といったように既存のお客様へのアプローチがしやすくなります。

この「システム導入により売上げアップにつながるか?」は選定の重要ポイントです。

選定ポイント:その他編~保険業界の変化に対応しているシステムか?

 システムの機能面の充実以外にチェックすべきポイントもあります。それは「激変する業界にスピードをもって対応しているシステムか」という点です。ここ数年の保険業界を取り巻く主要なトピックだけでも下記の通り。ルールが変わり、保険代理店に求められる業務内容も大きく変化してきました。

保険業法改正
体制整備
FD宣言、KPIの策定・公表
法人保険の節税ルールの変化
業務品質の向上

 最近ですと、FD宣言においては宣言内容を社内でよりいっそう定着・実現させるための具体的な取組み方針の報告が求められるようになりました。
 また、業務品質においては【顧客対応】【アフターフォロー】【個人情報保護】【ガバナンス】の4つの区分で品質を評価する方向で調整も進んでいます。

 こうした動向を踏まえると、今後も保険代理店が義務として求められる事項は増えていくと見られ、激変する業界にスピードをもって対応しているシステムなのか?という点もシステム選びのポイントとなります。

▼併せてお読みいただきたい記事はこちら
【FD宣言・KPI徹底解説セミナー】開催レポート
https://hoken-system.com/column/2021_0713/

システム 代表5ツール比較

 保険代理店向けのシステムをいくつかピックアップして、特徴をまとめました。ぜひ、選定の参考としてご活用ください。なお、より詳しく知りたい方はぜひ下記フォームから資料をダウンロードください。

▼無料ダウンロード資料
【最新版】保険代理店向け 顧客・契約管理システム選定のポイント~代表5ツール比較 最適なシステム選びとは~


エルティヴィーの保険代理店向けシステム「CSB」の強み

 さて、選定のポイントを確認しましたが、具体的にどのようなシステムがあるのでしょうか?一例として、弊社の提供する保険代理店向け顧客管理システム「CSB」をご紹介いたします。
 本システムは生損保両方を取り扱う保険代理店を母体に持つ弊社が、保険募集人の立場で作ったシステムです。「保険募集人が使いやすいこと」「顧客満足度向上を実現すること」を念頭に開発されているため、基本的な機能の充実はもちろん、売上向上のための「攻め」の機能がたっぷり搭載されています。また、細やかな機能改善が定期的に実施されておりますので、目まぐるしく変化する業界への対応も安心です。

▼あわせてこちらもどうぞ!
保険代理店向け顧客管理システム「CSB」の活用状況を公開!

また、CSBの詳細については下記ページにてご紹介しておりますので、ご興味のある方は是非ご覧ください。
▼お問合せはこちらから!
CSBに関するお問合せフォーム

お気軽にご相談ください。

                     

エルティヴィーでは保険代理店さまの体制整備から、顧客管理、マーケティングまでトータルで支援しています。
CSBに関するお問合せやご質問などございましたらご相談ください。

03-6234-6392
(受付時間 平日: 9:00〜17:30)